Top Image

高速道路沿いに
ラブホテルが多い理由

高速道路のインター付近って、なんとなくラブホテルが多い気がしませんか?
その疑問は決して気のせいではなく、実はきちんとした理由があるのです。

その理由は大きく分けて以下の3つです。

  • 1.モーテルをルーツとしている
  • 2.建設の規制がある
  • 3.立地条件にマッチしている

それぞれ順に説明していきます

モーテルをルーツとしている

モーテルといえばラブホテルのことだと勘違いしている方も多いですが、元々は「車で旅行する人が利用する」ホテルのことなんです。
若い方は聞きなれない言葉かもしれませんが、モーテル(motel)とは、モーターホテルの略語。
モーター(車)とホテルを合わせたモーテルは、主にアメリカで発展した宿泊施設で、戦後の自動車産業発展や、高度経済成長などに伴い、日本でも建設されるようになりました。


車で直接中まで入ることができる、便利で安価なモーテルは、次第にカップル専用プランも登場するようになりました。
それがとても好評だったので、次第に今のようなラブホテルの形に進化していったのでしょう。

ですので、車で移動することを前提に考えられたラブホテルは、高速道路沿いに多いということがわかります。

建設の規制がある

ラブホテルは風営法による建設規制により、住宅地がある密集地には建設してはいけないという決まりを作る市が増えてきました。

新たにラブホテルを建築する土地が少なくなったこともあり、規制前に建てられたラブホテルが現在も多く活躍していて、リフォームを繰り返して同じ場所で営業を続けています。
これも、高速道路沿いにラブホテルが多い理由のひとつと言えます。

ラブホテルは、日本の経済発展とともにどんどん普及していき、後の風営法改正(建設規制)によって定められた土地でしか営業できなくなったということもあり、高速道路沿いやインター付近で見かけることが多くなりました。

立地条件にマッチしている

インター付近は車の走行音が騒音となったり、排気問題もあるため、住居を構えるにはあまり適した環境とは言えません。
ですので逆に、高速道路沿いは周辺環境や法律的にもホテルが建てやすいのです。

また、地域によっては都市計画が無指定のまま。という場合もあり、建物の種類の制限が少ないなどの理由で、高速道路沿いにはラブホテルがよく見られるというわけです。

また、車で遠出した場合、宿泊という観点からも非常に嬉しい施設です。
例えば彼女と日帰りの予定の旅行だったのに、予定がずれ込んでどこかで1泊したい時にピッタリ。
事前予約が必要なく、部屋も必要最低限のものだけ用意していることが多いため、通常のホテルよりも敷居が低いのに、同等かそれ以上のお部屋に宿泊できます。


ラブホテルは、運転中でも店舗を見つけやすく、ドライブデートの帰りに利用しやすい魅力があります。
また、近年では女子会やリモートワークなどに活用もできますので、ラブホテルを利用する目的は多種多様になっているようです。

山陽姫路東IC近くにあるホテル HOTELは、幹線道路からアクセスしやすい宿泊施設です。

贅沢なリゾート気分を味わえる、女性に人気のおしゃれなお部屋を多数ご用意しております。
お得な割引クーポンや無料貸出コスプレを利用して、有意義な時間をお過ごしくださいませ。

フリータイムやショートタイムなどの利用プランも充実しています。